• DCDA (Data Center Design Awareness)

      〜データセンターの基礎知識を学ぶなら〜

      DCDAは、最新のDC設計に影響を与える基礎分野のすべてを紹介します。データセンターの歴史や、立地場所の選定方法、ケーブル配線、電力、空調など、主要な設計概念の理解に焦点を充てたクラスです。

       

      受講推奨者

      ・データセンターオペレータ

      ・OEM製品販売会社

      ・技術営業担当

      ・プロジェクトマネージャ

      ・設備管理者

       

      料金/日数

      ¥220,000 (税別/3日間)

      *テキスト代・試験費用も含まれます。

    • 講義内容

      *一部抜粋となります。講義内容詳細については、お問い合わせください。

      ~ Day 1 ~

      Module1 :データセンタの歴史

       ・今日の課題 / 関連する業界団体

       ・現行の基準や規制

      Module2 :ファシリティの分類

       ・市場動向、規制やデザインへの影響

       ・規格指標- Uptime, TIA, BICSI

      Module3 : サイト選定

       ・隣接距離基準や推奨

       ・水、電力、通信キャリア

       ・ガスと空気の可用性

      Module4 : 建築設計

       ・スペースの考慮

       ・ルームレイアウト、サポートエリア

       ・構造仕様- 床、天井と壁

      Module5 : 床設計

       ・床荷重

       ・設計と建設の考察

       ・風量設計

       ・タイルカット加工

      ~ Day 2 ~

      Module6 :ケーブリング設計

       ・今日のケーブルの種類と性能

       ・運用コスト / ケーブリングベストプラクティス

       ・可用性 / 将来を見据えたケーブル設計方法

      Module7 :IT&ネットワークの設計

       ・サーバ / ストレージ

       ・通信- アグリゲーション、エッジコアスイッチ、ルータ

       ・可用性 / 仮想化

       ・FcoE / 設計上の速度の影響 - 1,10,40,100,400G

       ・将来の課題を見据えた設計方法

      Module8 :冷却システム設計

       ・基礎と定義

       ・設備管理者冷却方式、長所と短所

       ・ASHRAE規格

       ・設計上の考慮事項

       ・ホット,コールドアイルコンテイメント

       ・効率化- バイパス、再循環、静圧、熱容量、

        外気活用、空気/水のエコ化など

      Module9 :電力システム設計

       ・電力の基礎

       ・電力の品質と供給

       ・UPSのタイプと設計

       ・電力配分

       ・バックアップと仕組み

      ~ Day 3 ~

      Module10 : レイアウト設計

       ・機器の考慮事項

       ・ITキャビネット種類

       ・ホット,コールドアイル構成

       ・非標準型機器の考慮事項

      Module11 : 火災対策の設計

       ・規制と格付制度

       ・予防– 区画とバリアデザイン

       ・検知および警告- 煙・熱検知

       ・火報システム・システム設計上の考慮事項

      Module12 : コミッショニングとハンドオーバー

       ・コミッショニングのスコープ計画 / 保守計画

      Module13: ディスカッション&デモンストレーション

       ・提示された条件を考慮しながら、

        データセンター設計のデモンストレーションを実施

    • 「グループワークで得られる深い理解」

      受講生の声 - SW販売/営業職

      「普段はデータセンター向けのソフトウェア販売/営業をしており、デザイン〜運用まで分野を問わずサポートをしています。基礎知識が足りないと思い、上司の勧めで受講しました。DCDAは、コースで学んだことをエクササイズで振り返ることによって自分が理解できたこととまだよく分からない点を確認することができ、知識の整理ができました。コース最終日には「データセンター設計構築」のグループワークがあり、普段お手伝いしているマシン室以外の、事業者の皆様が運営されている設備の必要性と関連性を実践的に学ぶことができました。」